読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コトバノウタカタ

よしなしごとをつらつらとつづるばしょ。

衆愚選挙

市会議員選挙があるので投票してきた。しかしいざ投票する段になっても、誰に投票してよいのか困る。候補が複数いるから、とかではなく、誰に投票して良いのやらさっぱりわからなくて困る。一通り広報に目は通したのだが、小さな紙面広告のようなものではわ…

辛口ブログの意図

ブログやブクマには、2chなどの匿名掲示板によるものとは少し違う類の攻撃性があるような気がする。匿名掲示板などの攻撃性は、単純にストレス解消の罵倒や中傷が多い。言わば攻撃そのものが目的。一方でブログ等での辛口は、「意図した攻撃性」のように見え…

藝術とは

面白い質問があった。もう終了してしまっているけど。 それでは聞きます。「 藝 術 」って一体何だとお思いになられますか?未だかつて無い斬り口で、他の誰の名言も一切用いず、究極のオリジナル、究極の独断と偏見で、しかしわたしに伝わるようにあなたの…

男女の服装

先日化粧についての話に関連して。化粧もそうだが、ファッションに関しては一般的に「女性専用」とみなされているものが多い。スカートしかり、ワンピースしかり、ブラウスしかり、ハイヒールしかり。男が着れないわけではないし実際に着ている人もいる。時…

言葉が与える腐敗と死

とりとめもなく、落ちもない話だが。言葉というのは残酷なものだ。概念に名を与えてしまう。名が与えられた概念はその時点から時の流れに組み込まれ、腐敗しはじめる。その言葉が広まれば広まるほど、腐敗の速度は増す。「萌え」は(使い始められた当初とは…

化粧

「女性は家にいるべきだ」とか「男は仕事をするべきだ」という固定観念に対しては異が唱えられるようになってきたが、女性の化粧についてはあまり言われないのが不思議。以下、一部の女性を敵に回してしまいそうな話になるかもしれないが・・・。 うちの相方…

自由意志は存在するか

かなーり古い人力検索での質問だが、ブクマで上がってきたので捕捉。 あなたは、人には自由意志があると思いますか? また、自由意志が存在するとはどういうことで、存在しないとはどういうことだと考えますか? (意識などの)精神の働きは(完全に)物質と結び…

続・批評とか

考えがまとまったわけではないのだが、「海麗口コミ【飲むコラーゲン販売店】お得に購入するには」さんで取り上げていただいたので。 はっきり言うが、その批評や批判によって何がしかの進歩があるわけじゃない。誰も読まないし、誰も必要としていない。それ…

FINAL FANTASY XIIと批判

naoyaの日記 - naoyaグループ はてなグループ (まとめ) 上記で批評や批判に関する話題が某所で盛り上がっているのでそれについて何か書こうとするのだが、どうにも話がまとまらない。話がまとまらないのではなく、考えがまとまらないのか。レビューは建設…

ゲーム脳理論の罪

3月6日に、ゲーム脳理論の提唱者、森昭雄氏の講演があったとのことで、その講演を聞きに行った方のレポート。 リヴァイアさん、日々のわざ: 森昭雄氏の世田谷区講演リポート リヴァイアさん、日々のわざ: 「あなたの方がおかしい」と森昭雄氏に言われるの巻…

乱婚と浮気

そんな驚きの学説を発表している先生は、中込弥男さん。なんとこのお方、日本人類遺伝学会の元理事長だったりする。そんな中込さんの学説は簡単に言えばこうだ。哺乳類のオスは多くのメスと交尾したがる「乱婚型」と、浮気をしない「一夫一婦型」に分かれ、…

イギリスのブラックユーモア

だらだらととりとめもなく思ったこと。 かなり昔、「Mr.ビーン」が流行っていた頃の話。このドラマをあまり真剣に見たことはなかったのだが、チャンネルをポチポチとしていたらたまたまやっていたのでなんとなく見ていた。Mr.ビーンが病院にやってきた。そこ…

作る側としての面白さ

これについては私は語る言葉を多くは持っていない。なので、あるクリエイターの物語の作り方を取り上げたい。 桝田省治のシナリオ作法 桝田省治の製作ノート 〜Making of Linda3〜 ゲームクリエイター、桝田省治氏のシナリオ作成方法についてのコラム。過去…

見る側としての面白さ

404 Error - Not Found 404 Error - Not Found 「ココヴォコ図書館」での「物語の面白さ」を読んで。彼の記している面白さの話とは少しずれるかもしれないが、私なりに考えた「面白さ」につていの話。 映画などの感想を書いたりしているが、この行為は「面白…

ゲーム害悪論

では、医療少年院勤務の精神科医という苛酷な現実の最前線に立つ著者が、犯人と名指ししたのは誰なのか? 結論から先に言おう、コンピューター・ゲームとインターネット(とりわけネット・ゲーム)である。 via: id:shidehira:20060120:1137746130 上記のレ…

ルールの教育

埼玉弁護士会は23日、茶髪を理由に3年生の女子生徒を卒業式に出席させなかったのは、憲法の「教育を受ける権利」の侵害にあたるとして、小鹿野町立小鹿野中学校に対し、人権救済の勧告を行った。生徒の母親が04年7月に同会に申し立てていた。 「ルール…

「いただきます」の気持

ちょっと気になった「いただきます」に関する話題。 TBSラジオ「永六輔その新世界」(土曜朝8時半〜、放送エリア・関東1都6県)で昨秋、「いただきます」を巡る話題が沸騰した。きっかけは「給食費を払っているから、子どもにいただきますと言わせない…

クラス分けは罪か

ishmael氏とrir6氏のやり取りを読んでいてちょっと気になったので覚え書きがてら。 経緯 上になるほど新しい記事です。 はてなダイアリー はてなダイアリー はてなダイアリー はてなダイアリー はてなダイアリー はてなブックマーク - モウビィ・ディック日…

宗教とは何かとは何か

ブクマにあったので気になって読んでみたのだが。 日本人の宗教嫌い | iwatamの個人サーバ 日本人が宗教を全てカルトとみなして忌避している嫌いがあるというのは面白い観点だと思う。この一連のコラムが全体的に述べている「皆もっと宗教に興味を持った方が…

はてなブックマーク - 被害者の駆逐

一昨日のエントリのブクマを見ていて気になったことが何点かあるのでちょろっと。こうやってブクマを引用して記事を書くというのもちょっと妙な感じ。なんとなく合わせ鏡を見ている気分。 lsty 『[web][blog]悪いがちゃんちゃらおかしい。注目や批判や悪口が…

眼鏡っ子の眼鏡はスイカの塩?

ぶっちゃけますよ。 「メガネっ娘ブームは女性に“女らしさ”を求める世の男性の歪んだ願望の表れです」 そう語るのは、お茶の水女子大教授の土屋賢二氏(哲学)だ。 「メガネっ娘好きは、別に知的な女性を好んでいません。むしろ、能力のある女性を評価できず…

宗教とは

靖国神社の話に関連し、「宗教とはなにか」ということについてツラツラと考えていた。「宗教とはなにか」と問われ、一言で答えられる人は少ないのではないだろうか。漠然とこういうものとわかってはいても言葉にしては説明し辛い。あるいは各宗教の名を上げ…

続・続・猫を愛す

404 error - File Not Found たびたびのトラックバック、かたじけないです。 私自身、最初のエントリで それ以前に「愛」の定義自体曖昧なのだから、こんな思索は不毛なのかもしれないけど。 と書いておきながら、「愛」を前提に話をしてしまい話を曖昧にし…

続・猫を愛す

前述の猫の話にお返事を頂いた。 404 error - File Not Found ちょっと大人気ない書き方をしてしまったかなあと反省している。引用してそれを否定するような書き方をしてしまえば議論をふっかけてるように受け取られてしまっても仕方がない。そこまでのつも…

猫を愛す

下記サイトの議論で、「人と交われない人は猫でも飼ってみればいい。支配するのではなく、愛するのだ」というような話が出ていた。本題のモテ・非モテについてはひとまず解決したようなので言及しないが、この猫の話についてちょっと引っかかったのでちょこ…

音楽と言葉

歌詞を一度読め、タコ。 - BEAT-MANgus(椣平夢若食い散らかし記) 楽曲における言葉の存在意義 - ねむりひめのお部屋 上記で音楽と言葉、について面白い話がされていたのでつられて。 私は「ブルーハーツ」ではなく、「THE BOOM」の方へ流れてしまった口なの…

自殺について

自殺が「悪」なのはどうしてですか。「死なれたら悲しい」とか「死なれたら育ててくれる人がいなくなる」とか、そういう理由なら自殺をやめさせたくなるかもしれません。しかし、「自殺は生けるものとして、してはならぬ行動だ」とか「自殺は犯罪だ」と言う…

赤い色は何故赤い

赤い色が何故「赤く」見えるのか教えてください。赤色が波長700nmに対応していることは知っています。そういうことではなくて、私が知りたいのは、700nmの光が、何故、青や緑ではなく、この「赤」という色に見えるのかということです。ずっと疑問に思ってい…

感想とレビュー

感想というのは、その作品を見た人が読んで「うんうんそうそう」とか「そういう見方もあるのか」なんて感じで読めるもの。あるいはまだその作品を見てはいないが、その作品に興味を持っている人が、前知識や評判を仕入れるためのもの。感想とは常に「作品あ…

私が私を選んだ理由

id:exhum氏の「異物の語り手 - 日記のようなもの」を読んで。彼が日記を書くにあたり、なぜ「わたし」という一人称を選んだのかについて書かれている。私も日記を書くにあたって「私」という使い慣れぬ一人称を選んだ。とはいってもexhum氏のような深い理由…

コトバノトマドイ

id:exhum氏とid:killhiguchi氏の日記やコメントでのやり取りを読んでいると、ここで「コトバノツドイ」などと標榜しているのが恥ずかしくなってくる。 思考の肉体 - 日記のようなもの 楽園の言語 - 日記のようなもの 非常に興味深い話で、私も何か考え語りた…

はてなでのリンクとトラバ

先日の「es」と「のだめカンタービレ」の感想*1で、他の人の感想を集めて並べるという試みをやってみた。何かを見聞きすると、あるいは自分が感想を書くと、他の人の感想を読みたくなる。はてなには「言及日記」と「〜を含む日記」という便利機能があり、そ…

ブログを覗くと

ブログの世界を覗くと絶望的な気分になる。それは図書館に並べられた膨大な量の本を見たときの絶望感に似ている。

写真が撮れない理由

思い通りの写真が撮れない。プロのような写真が撮れないというのはいまさら嘆くまでもないが、自分が気に入る写真さえ撮れないのが辛い。以前はそれでもフィルムを1本使えば2、3枚はお気に入りの写真が撮れていた。誰がどう評価しようと、自分では「これ…

ゲームの悪影響とゲーム脳の悪影響

こうやって書いていると、私が「ゲームにまったく害はない」と主張しているように誤解されるかもしれないが、そうではない。ジャンルやモノによって差はあるとしても、ゲームの中には害になるものはあるし、やりすぎはどちらにしても良い影響はないだろう。…

集団の脆弱性

えーと、だらだらと思索です。机上の理想論でまともな結論には至ってないですが。 - 私は集団というものが嫌いだった。人間が社会的な動物であり、個では生きられないがゆえに集団を形成するというのはわかる。また集団になることで効率的に物事を行なえるよ…

偽善

偽善? そうかもね。だからってどうってことない。それを偽善と切り分けるのであれば、偽善以外の善なんてない。人はすべて「己のため」に善を欲する。献身も、身代わりも、身を呈して人を守ろうとするのもすべて己のため。己の満足のため。己がそうしなけれ…

「死にたい」と思うことと「死のう」と思うこと

かなり衝動的に書いてしまっているので話に筋もまとまりもないかもしれないが・・・。

頑張れに頑張れない

いつもお邪魔している日記に「頑張れ」についての話題があがっていた。「頑張れ」については私も書きたいと思って「書きたいもの覚書」に書き足していたのだが、長いあいだほったらかしにしてしまっていた。これを機にちょっと書いてみようと思う。私の話は…

書きかえてはならない言葉

なにこれ? 通知表の所見欄に書きたいけど書けない(性格を表す)言葉を書きかえる一覧表 ネタとしては面白い。しかし真剣に教育を考える場合、こういうことやっちゃっていいのか? 短所を責めたてて直すことが必ずしも良いとは言わない。短所に見えるところ…

金にならないということの価値

ブログ書いてると、ときどき身の程知らずにも、「これが金になればなぁ」なんてことを考える。物書きにあこがれていたし、今でもそういう仕事をすることが許されるのであればやってみたいと思ったりもする。いやはや身の程知らずにも程がある。しかし、金に…

無知なる善意

id:sledoni氏の話(id:sledoni:20050223:p2)から。 イラク人質問題 雑感: おいらブログ いまさらイラクの拉致事件問題に関してコメントするのもなんだけど、善意による行動一般について、ってことで読んでやってください。無知なる善意は確かに怖い。いわゆ…

ヒーローゲームの悪影響

id:kapibara氏のところより*1。 悪者が暴れまわるテレビゲームより、かっこいいヒーローが敵を倒すゲームの方が、むしろ子どもの攻撃性を高める可能性があることが、お茶の水女子大の坂元章教授らのグループ研究で明らかになった。 以前にここで似たような話…

アーチストとアーチザン

id:ain_ed氏の「アーティストとデザイナー」を読んで。この二つの対比には私も以前から興味を持っていた。芸術家(アーチスト)でも職人(アーチザン)でもない私が口をはさめるような立場にないことはわかってはいるが、その議論の場にいたら絶対に口を出さ…

不思議な少年 - 不変の運命

不思議な少年(3) (モーニングKC (998))作者: 山下和美出版社/メーカー: 講談社発売日: 2004/11/22メディア: コミック購入: 1人 クリック: 9回この商品を含むブログ (65件) を見る少し前の話になるが、「不思議な少年 第3巻」を読了した。感想を書かねばと思…

錆びた鈍いナイフ

書きたいことを書こうと思い、このブログを書き始めた。日々思うこと、何かに対して感じたこと、憤りや理不尽な思いや愚痴、時に少し格好つけた理想論や辛口の批判。そんなものを勝手気ままに書いていこうと思っていた。ブログなどしょせん独りよがりの自己…

オカルト好き、オカルト嫌い

私はオカルト関係の話が好きだ。心霊、超能力、UMA、UFO、カルト宗教、超古代文明、民間伝承、超自然的パワー、神、悪魔、儀式、占い、超科学、etc...。それらのオカルト話には強い興味をそそられる。幽霊ものの映画や心霊、超能力番組があれば気になってし…

傀儡の脳

この指の隙間から言葉がこぼれ落ちて行くような感覚はなんなのだ。指が硬直し、それが脳をまで硬直させているかのような不自由な感触。キーを打つ指がかつての滑らかさを失い、誤った文字ばかりが呼び出される。指の惑いは思考の混乱を招き、言葉の流れを断…

生の意味

id:ain_ed:20041101#p1氏の「何のために生きているのか、と問われたら?」を読んで。以前に「死」について書いてもらったことのお返し、というわけではないが、私も少し「生」について書いてみようと思う。とはいっても、私には彼ほどの明確な「生」への思い…

お気の毒にという言葉

大きな地震が起きた。こういうとき、私は何を言っていいのかわからない。かわいそうに、とか、亡くなった方のご冥福をお祈りいたします、とか、すんなり言えればいいのかもしれない。実際にそう思う気持ちはある。しかし自分は安全なところにいて、何もして…