コトバノウタカタ

よしなしごとをつらつらとつづるばしょ。

Epic Gamesのゲームを別のドライブやディレクトリに移動する方法

公式の手順。

www.epicgames.com

  1. C:\Program Files\Epic Games\[ゲーム名])から移動させたいゲームを別のフォルダにバックアップ(インストール先ではない)
  2. Epic Games Launcherを開いて「ライブラリ」を選択
  3. 移動したいゲームをアンインストール
  4. アンインストールが終わったら再びインストール、このときに移動先のインストール場所を選択
  5. ダウンロードが開始されたらインストールをキャンセル
  6. 新しいインストール先にバックアップファイルを移動
  7. インストールを再開するとゲームが認識される

YouTubeのショート動画やクリップから普通の動画に変換する

javascript: (function () {
    var m = $("meta[itemprop='videoId']");
    if (m.length > 0) {
        window.open().location.href = "https://www.youtube.com/watch?v=" + m.attr("content");
        return;
    }
    else {
        var mt = /https:\/\/www\.youtube\.com\/shorts\/(.+)/i.exec(location.href);
        if (mt != null) {
            window.open().location.href = "https://www.youtube.com/watch?v=" + mt[1];
            return;
        }
    }
    alert("Invalid page!");
    return;
})()

Minecraft Windows10 をVR(Meta Quest2)で遊ぶ

Minecraft Windows10は標準でOpenXRを使ったVRに対応している。Meta (Oculus) Quest2でも使用可能。

以下Meta (Oculus) Quest2で遊ぶ手順。

  1. まずWindows PCとMeta (Oculus) Quest2をOculus LinkまたはOculus Air Linkでつなぐ。
  2. PCのOculusアプリを立ち上げ、「設定」>「一般」>「OpenXR ランダイム」で「Oculusをアクティブに設定」をクリック
  3. デスクトップで右クリック>「新規作成」>「ショートカット」を選択
  4. 「項目の場所を入力してください」欄に「minecraft://Mode/?OpenXR=true」と入力して「次へ」をクリック
  5. 「このショートカットの名前を入力してください」欄に「Minecraft VR」と入力する
  6. デスクトップに「Minecraft VR」というショートカットができるので、Meta Quest2をOculus LinkでPCと繋いだ状態でショートカットをダブルクリック
  7. MinecraftVRモードで起動する

起動当初は窓の中に画面が表示されているが、Yボタンを押すとその世界の中に入り込める。

マウス、キーボードでも操作できるが、たまにできなくなったり右クリックできなくなるときがある。Yで戻ったり、再起動すれば直る・・・かもしれない。なお全画面モードでは、マウスで上下を見ることはできない(頭を動かして見ましょう)。

https://help.minecraft.net/hc/en-us/articles/360057619052

Meta Quest2 のファイルをPCに移動する

Meta Quest2で撮影したスクリーンショットや動画をPCに移動させる方法。スクショはともかく、動画はサイズも大きく容量を圧迫するので、定期的に移動しておきたい。

  1. PCとQuest2をUSBで繋ぐ
  2. Questの方に接続の許可のダイアログが表示されるので許可する
  3. PCの方に「Quest2」というディスクが表示される
  4. 「Quest2」> 「共有内部ストレージ」>「Oculus」と移動する
  5. 「ScreenShots」にスクショが、「VideoShots」に動画があるのでPCにコピーする
  6. コピーが終わったら、Quest側のファイルを消す

これでOK。ケーブルをさしてもダイアログが表示されない場合は、

  1. Questの設定(歯車マークを押す)を開く
  2. 「システム」>「開発者」>「USB接続ダイアログ」をオンにする
  3. もう一回USBを接続する

Meta Quest2 (Oculus Quest2) でYouTubeの3Dを見る方法2

前回の話のちょっと付け足し。

ktb.hatenablog.com

シネマ型の3Dには複数種類あって、これまたそれぞれのブラウザで対応が違うのでまとめ。SBSは「サイドバイサイド」の略

Half SBS

画面の左右に異なる視点の画像を表示する。それぞれの画面は横に圧縮された感じで上下に黒い枠はない。

www.youtube.com

Full SBS

画面の左右に異なる視点の画像を表示する。それぞれの画面は圧縮されておらず、画面の上下に黒い枠がある。
www.youtube.com

Over-Under/トップアンドボトム

横ではなく画面を上下に分割して異なる視点の画像を表示する。それぞれの画像は縦に圧縮されている。
www.youtube.com

Top/Bottom Stereoscopic 360

なんと呼ぶのが正しいかわからないが、上下分割された映像で360度の立体視ができる。どういう仕組みか正直よくわからないが、たしかに立体に見える。正面以外はあまりきちんと立体化されていないかも?
通常のブラウザで見るとマウスで視点移動できる。
www.youtube.com

Anagryph

左右異なる視点の画像を別々の色で表示する。どういう仕組みかよくわからないが、ちゃんとしたアプリで見ると色がついて見える不思議。
www.youtube.com

種類 視界 立体視 表示 YouTube VRアプリ Questのブラウザ Virtual Desktop+PCブラウザ
VR360 360度 X 360° O O △(マウス操作)
VR180 180度 △(正面のみ) 180° O △(歪む) △(マウス操作)
Half-SBS 枠内 O なし X O O
Full-SBS 枠内 O なし X △(歪む) O
Over-Under 枠内 O なし X X O
Top/Bottom 360 360度 O? 360° O X △(マウス操作)
Anagryph 枠内 O なし O X △(色がおかしい)

「表示」はライブラリ(再生リスト)に入れたときに表示される表示。これがあるとYouTube VRでそのフォーマットで表示してくれるぽい。

スマホゲー覚書

play.google.com
ヘックス型の3マッチパズル。レスポンスが良い?アップデートで広告がうざくなった。

play.google.com
穴掘り採掘ゲーム。有料だけど中毒性高し。

play.google.com
路線開通ゲーム。有料。

play.google.com
花をなぞって消していく。無料でかなり遊べる。

play.google.com
マス移動して戦うシンプルRPG

play.google.com
1キャラでマス移動しながら敵の攻撃をかわしつつ敵を倒したり落としたりしていくタクティカルパズル。

play.google.com
3キャラでマスを移動しながら敵の攻撃をかわしつつ敵を倒していくタクティカルパズル。有料。

play.google.com
古典的な3マッチ。5つ以上消すとスペシャルブロックが。無料でしぬほど遊べる。広告詐欺。

play.google.com
Toon Blastとほとんど同じ、作ってる会社も同じ。無料でしぬほど遊べるのも同じ。広告詐欺。

play.google.com
文字で単語を作ってバトルするソシャゲ。

続きを読む

Meta Quest2 (Oculus Quest2) でYouTubeの3Dを見る方法

Meta Quest2でYouTubeの3D動画を見るにはいくつかの方法があるのでメモ書き。

YouTube VRアプリで見る

QuestにはYouTube VRアプリがあって、それで見るとVR情報を持った動画は勝手にVRで表示してくれる。検索もVRに特化されている。しかし、VR情報を持たない動画はVR再生できないケースがある。また検索も画面も通常のYouTubeと違うのでちょっとクセがあって使いやすいとは言い難い。

Questのブラウザで見る

QuestのブラウザでYouTubeのサイトを開き、そこで3D動画を再生して見る方法。

  1. 全画面表示する
  2. VRの再生方法を選ぶ(VR360, VR180, SBSなど)

こちらは検索方法や画面は通常のYouTubeと同じなので、普段ブラウザでYouTubeを使ってるている人は使いやすいかも。こちらはVR情報を持ってなくても、自分で選んでVR動画を再生できる。ただしVR180はうまく表示されない。SBSも横に伸びて見える場合があるし、フルスクリーンは画面が湾曲していてちょっと見づらい。

Virtual Desktopで見る

Virtual DesktopでPCにつなぎ、そこでブラウザを開いてYouTubeのページでVR動画を再生させて見る方法。

  1. 全画面表示する
  2. 画面外をポイントし、VR表示の設定を選ぶ

こちらではSBSのみ表示可能。VR360やVR180は対応していない。そしてVirtual Desktopは有料ソフトなので持ってない人は使えない。でもSBSは一番キレイに表示できると思う。

画質について

すべての表示方法で言えることだが、標準では画質は自動設定になっていて、最高画質になっていないこともたまにあるので、設定のところから最高画質を選ぶときれいに見られる。

VRの表示種類

VR360

全方位をぐるぐる回って見られる、いわゆる360度カメラで撮った映像。動くストリートビューのようなもの。背後や足元も見える。ただし立体には見えない。

www.youtube.com

VR180

前方約180度の映像。全方位とはいかないが広がりのある視野で見られ、かつ立体に見える。ただし正面以外を向くと立体がきれいに見えない。たぶん撮影するにはVR180用の特殊なカメラが必要。

www.youtube.com

SBS

サイドバイサイドの略。通常のブラウザで見ると、左右に別れた映像になっている。それを左右別々に見て立体視するもの。VR360やVR180のように視野を動かすことはできず、四角い画面の中が立体に見える。3D映画に近い。スマホでのGoogle Cardboardの立体視もこの手法。横ではなく縦に並んでいるものもある。

www.youtube.com