コトバノウタカタ

よしなしごとをつらつらとつづるばしょ。

Oculus Quest 2、SteamVRでコントローラのボタン設定を変える

Virtual Desktop経由でSteamVRを使ってゲームを起動すると、コントローラーがただしく認識できない場合がある。その直接の解説方法はわからないが、ひとまずボタン割当変更の方法。以下はスティックの押し込み(タッチパッドクリックがこれに割り当てられることがある)を別のボタンに割り当てる方法。

  1. SteamVRでゲームを起動
  2. 右コントローラのメニューボタンを押す
  3. 「コントローラのバインド」を選択
  4. 上部の選択でプレイ中のゲームになっていることを確認
  5. 「アクティブなコントローラのバインド」を「カスタム」に切り替え
  6. 「このバインドを編集」を選択する、コントローラの絵とバインドが表示される
  7. 左スティックの押し込みを中指グリップに割り当てる場合
    1. 「グリップ」のペンアイコンを選択編集モードにする
    2. 「クリック」を「Left Trackpad/Thumb stick Press」に変更
    3. 「タッチ」を「Left Trackpad/Thumb stick Touch」に変更
    4. 「プル」は変更しなくてよい?
  8. 「個人用バインドを保存」をクリック

「Aボタン」などの場合は「プル」がない。右のときは「Right」を選ぶ。

たぶんこれでOK?

Oculus Quest 2のScreenshotの取り方と保存場所

スクリーンショットの取り方

  1. Oculus ボタンを押す
  2. 人差し指トリガーを押す
  3. 人差し指トリガーを離す(ここでスクリーンショットが撮影される)
  4. Oculus ボタンを離す

うまく撮れないときはoculusのメニューから撮影する。

  1. 右コントローラのoculusボタンを押す
  2. メニューの「写真を撮る」を選択
  3. 5秒後くらいに画面が撮影される

もしこのときoculusメニューが出ていたら、それも写り込んでしまうので、oculusボタンを押して非表示にする。

スクリーンショットをPCにコピーする

  1. oculusとPCをUSBで接続する
  2. エクスプローラでPCを開くと「QUEST 2」とあるので選択
  3. PC\Quest 2\内部共有ストレージ\Pictures\.thumbnails 内のファイルをコピー

.thumbnailsとなっているが、実際には普通のスクリーンショットファイルが入っている。

Oculus Quset 2 のVirtual Desktop使用時にQuest 2 のマイクが使えない

Virtual DesktopでPCのデスクトップやゲームを開いているときに、Oculus Quset 2のマイクが使えずPC本体のマイクしか選択できない場合の対処方法。

  1. Virtual DesktopでPCのデスクトップを表示する
  2. 左コントローラのメニューボタンを押す
  3. Virtual Desktopの設定が面が出るので「Settings」を選択
  4. 「Audio」の「Microphone passthrough」をチェックする
  5. ゲームを起動する
  6. 左コントローラのメニューボタンを押す
  7. 設定画面の左側の「オーディオ」を選択
  8. 「オーディオ入力デバイス」で「ヘッドセット」を選択

これでいけるはず。動作は未確認(話をする相手がいない)。

Oculus Quset 2 でYouTubeのSBS動画(左右2画面)を立体化して見る

YouTubeに3D用の左右2画面の動画(SBS: Side by Side)がありますが、これをOculusのYouTubeアプリで見ても、横長の2画面がそのまま表示されるだけで立体化されません。そこでこのSBS動画を立体化して見る方法をば。

  • Oculus Quest 2で、YouTubeアプリではなく、ホームのアプリ一覧の上真ん中あたりにある「ブラウザー」を開く
  • ブラウザでYouTubeのサイトを開き、見たいSBS動画を表示する
  • 全画面表示にする
  • 広告が邪魔なら消しておく
  • 動画を再生する
  • 右下にある「2D」ボタンを押し、「3D(サイドバイサイド)」に変更する

先に3D化してしまうと、広告を消すボタンや再生ボタンを押しづらくなるので、3D化は最後にするのがよいかと。

Oculus Quest 2 でMinecraftを遊ぶ

これもまたいろいろいじくるようなので自己責任で。ざっくり言えば、VivequestというMinecraft拡張機能により、SteamVRを使ってVR化するようです。

環境の準備

  • PCのSteamでSteamVRをインストールしておく
  • oculus quest 2とPCを、Oculus LinkまたはVirtual Desktopで接続できるようにしておく

Minecraftの準備

Vibecraftのインストール

  • PCのMinecraftのランチャーを終了させる
  • PCで http://www.vivecraft.org/downloads/ の「Current Version」からインストーラをダウンロード
  • ダウンロードしたインストーラを実行(いろいろ設定があるけどひとまずそのままでOK?、Forgeくらいはチェック入れとく?)
  • このときjavaのバージョンが古いとインストールエラーとなるので、 https://java.com/ja/download/ から最新版Javaをインストールし、改めてインストーラを実行
  • oculus quest 2とPCを、Oculus Link(有線)かVirtual Desktop(無線)でつなぐ
  • SteamVRがすでに起動していたら終了させる(これはいらないかも、手順の順番間違えるとSteamVRでエラーが出てるので少なくともその確認)
  • Minecraftのランチャーを起動
  • 警告が出るので覚悟ができたら「OK」する
  • oculusのバーチャルデスクトップからPC画面を表示し、ゲームバージョン「Vivecraft」を選択して「プレイ」を選ぶ

トラブルシューティング

vivecraftのインストールでエラーが出る

javaの最新版をインストール

https://java.com/ja/download/

Minecraftが起動した跡で黒画面にエラー表示
  • oculusの画面から起動すること
  • SteamVRが立ち上がっていたら終了させて再挑戦

2021年冬アニメ

プレイタの傷[PROJECT SCARD]

Levius レビウス

EX-ARMエクスアーム

回復術士のやり直し

続きを読む

oculus quest 2 - SteamVRを無線で利用する

Virtual Desktop(有料)を使って、oculus quest 2でPCのSteamのVRゲームを無線でプレイする方法。そこそこたいへんですが、一度設定すればあとはらくちん。

ただしいろいろソフトやドライバ入れたり、アカウント関係もなんやらするので、導入する場合は自己責任でお願いします。

あと画質落ちたり、ゲームによってはレスポンス悪かったり、コントローラをきちんと認識してくれなかったりと微妙に問題点もあるようです。安定性やパフォーマンスは当然ながら、Oculus Quest 2用ゲーム>Oculus Link>Virtual Desktopの順に悪くなるようです。

必要なもの

  • oculus quest 2
  • oculus quest 2のアプリが入ったスマホまたはタブレット
  • 設定用PC
  • PCとoculus quest 2をつなぐUSBケーブル(Type-C)

Virtual Desktopの購入

  • oculus quest2で、「Virtual Desktop」というアプリを購入する、2000円弱くらい?
  • oculus quest2に「Virtual Desktop」をインストールする

www.oculus.com

Virtual Desktop Streamerのインストール

PC用のVirtual Desktop用アプリ「Virtual Desktop Streamer」をインストールします(無料)。

  • PCのブラウザで以下のVirtual Desktopのサイトを開く
  • 「Download Streamer」をクリックしてダウンロード
  • ダウンロードしたインストーラを実行
  • 「Virtual Desktop Streamer」を起動して、oculusのユーザ名を入力

Steam関連の説明は、サイト内の「Can I play SteamVR or Oculus Rift games?」に書いてあります。

www.vrdesktop.net

SideQuestのインストール

oculus quest 2にアプリをインストールするためのPCソフト「SideQuest」をインストールします。

  • PCのブラウザで以下のSideQuestのサイトを開く
  • 「DOWNLOAD FOR WINDOWS 10 X64」をクリックしてダウンロード
  • ダウンロードしたインストーラを実行

sidequestvr.com

開発者モード

oculusにアプリを入れるために開発者モードにします。

  • スマホ/タブレットでoculusアプリを起動
  • 設定するoculus quest 2を選択
  • 「その他の設定」を選ぶ
  • 「開発者モード」を選ぶ
  • 「開発者モード」の右側のチェックボタンを押してオンにする

ここで開発者登録がされていない場合は、ブラウザで開発者登録の画面が開くはず。

開発者登録

以下のサイトにアクセスし、開発者組織を登録します。組織名は他と重複していなければなんでもOK。

Facebookにクレジットカードか携帯番号を登録していない場合、ここで団体登録の画面になりません(設定などのメニューも選択できない)。右側にクレジットカード登録と携帯番号登録のボタンがあるので、どちらかを登録します。

登録が終わったら「開発者モード」に戻って、「開発者モード」をオンの状態にします。

dashboard.oculus.com

oculusとPCを接続するドライバの設定

oculusにPCからアプリをインストールするためのドライバをPCにインストールします。

  • PCのブラウザで以下を開き「ダウンロード」をクリックしてzipファイルをダウンロード
  • zipファイルを解凍
  • 解答フォルダ内の「android_winusb.inf」を右クリックして「インストール」を選択

developer.oculus.com

PCとoculus quest2をUSBで接続

  • oculus quest 2を再起動する
  • PCで「Streamer」と「SideQuest」を起動する(すでに起動している場合はいちおう再起動)
  • PCとoculus quest 2をUSBで接続
  • oculus quest 2に接続の確認が表示されるのでOKする(oculus linkはしない)
  • はじめて開発者モードで接続するときは、確認画面が出るので、「このPCからの接続は常に許可する」をチェックしてOKする
  • 「SideQuest」の上の表示が緑になるはず

Virtual Desktop VR Patchを入れる

  • oculus quest 2で「Virtual Desktop」(最初に購入したもの)を起動する
  • PCリストに設定用のPCが表示されるはずなので選択する
  • PCのデスクトップがoculusで表示される
  • oculusの画面で「SideQuest」を操作し、「Virtual Desktop」を選択
  • 右側に「Virtual Desktop VR Patch」があると思うので選択
  • 「INSTALL TO HEADSET」をクリックしてVirtual Desktop VR Patchをoculusにインストール
  • PCとoculusをつないでいるUSBを抜く

SteamVRの起動とVRゲーム

  • PCで「Streamer」を起動
  • oculusで「Virtual Desktop」を起動し、PCに接続されたことを確認する
  • oculusでPCの画面を見た状態で「SteamVR」を起動
  • SteamVRからゲームを起動する

2度目以降は「Streamer」だけ起動。「SideQuest」は起動不要なはず。

「SteamVR」は開かなくても、VR対応ゲームを起動したら勝手に起動してくれるようです。たぶん・・・。

トラブルシューティング

ゲームの音が鳴らない場合

SteamVRから起動してみる

ゲーム終了後にSteamVRのHomeに戻らない

しばらく待つ、だめな場合もあるけど。

ゲーム起動だけなら左手の「メニュー」ボタンを押して「Library」で以前に起動したゲーム一覧?が出る。

SideQuestがNot Connectedになる

以下を確認

  • スマホ/タブレットでoculus quest 2を開発者モードにする
  • PCにドライバ「android_winusb.inf」がインストールされている
  • oculus quest 2を有線でつなぐ
  • oculus quest 2を再起動
  • 「SideQuest」を再起動