読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コトバノウタカタ

よしなしごとをつらつらとつづるばしょ。

子どもに薬を飲ませる方法

子どもが風邪をひく季節になっておりますが、子供というのはなかなか薬を飲んでくれなかったりする。うちの子も言わずもがな。「飲まないと治らないよ」と諭しても通じるものでもなく。

以前はお薬用ゼリーなんかを買ってきて飲ませてみたりもしたのだけれど、これもいまいち。最初はものめずらしくていいけど、すぐに「やっぱり苦い」といって飲まなくなってしまった。

次にスポイト。これで咽喉の奥に流し込むと案外飲んでくれたが、一度ちょっと無理やり飲ませたら勢い余って変なところに流し込んでしまったみたいで、胃の中のものをげぼっとリバース。それ以来これもあまり飲んでくれなくなってしまった。

次に・・・ここからは人によっては抵抗あるかもしれないけど、アイスに混ぜてあげるようになった。アイスの冷たさで苦味が薄らぐのか、これだとけっこう飲んでくれる。おなかの風邪のときにはちょっと無理だけどね。

それさえも最近では拒否するようになってきたので、今のところの最終手段。ソフトクリームっぽいアイスを買ってきて、アイスとコーンを砕いたのを混ぜてあげる。コーンのサクサク感で薬の味が誤魔化せるみたい。メーカーは忘れたけど、パックの「シュガーコーン」が当たり。コーンにチョコもまぶしてあるので、子どもの方から「薬のむー」と言ってくれることも。

お薦めとまでは言いませんが、苦肉の策、ということで。