読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コトバノウタカタ

よしなしごとをつらつらとつづるばしょ。

$1で複数の有名ゲームが入手できるHumble Bundle

screenshot
Humble Origin Bundle (pay what you want and help charity)

Humble Bundleというサイトで、「Dead Space3」や「Mirror's Edge」のような有名ゲームが$1で買えると聞いて、最初は何か怪しいサイトなんだろうかと思った。しかしそうではなくて、チャリティーで寄付をすることで、お返しとしてゲームが貰える、という仕組みらしい。ゲームのラインナップはちょっと古いものが多いが、いまだに色褪せない有名作もあり、お得どころか、こんなに安く提供しちゃって大丈夫?と余計な心配をしてしまうほど。

ちなみに今回のOrigin Bundleを例にあげれば、これだけついて$1で買える。

さらに一定額の寄付をするとボーナスゲームが追加される。今回のOrigin Bundleで言えば、約$5以上の寄付をすれば以下のゲームが追加で入手できる。

ゲーム入手の手順は、「寄付をする」>「ゲームのキーコードをゲット」>「SteamやOriginにキーコードを登録」というもの。購入方法はクレジットカード、Paypal、米Amazon、Googleとあるが、Paypalが一番手軽だと思う。というか自分はそれでしか買ってないので他はちょっとわからない。寄付をするとキーコードが入手でき、それをSteam等に登録するとゲームが遊べるようになる。

もちろん寄付なので、それ以上の額を支払うことも可能。寄付先は海外だが、どこに寄付するかの振り分けも可能になっている。



細かい購入方法、買ったゲームのアクティベート方法は、他のサイトでも詳しく紹介されているので、そちらを参考にしていただきたい。こちらのサイトが丁寧でわかりやすかった。

screenshot
Humble Bundleの買い方 | タイムラインをかけぬけろ

セールは期間限定なので、欲しい人はセール期間が終わるまでに購入すること。また、ゲームによってはSteam対応していなかったり、おま国(おまえの国ではプレイさせてやんねーよ=日本国内ではSteam経由でそのゲームができない)だったりするので注意が必要。今回のOrigin Bundleで言えば、

がSteam非対応。

がおま国となっている。
Steam非対応、Steamでおま国のものもOriginには登録可能のようなので、遊ぶことはできるので心配ないとのこと。


またメインのバンドルの他に、ウィークリーバンドルがあって、こちらは主にインディーズゲームのセットを入手できるようになっている。先日はDarwiniaなどのIntrovasionのセール。今は PewDiePieセレクトとかいうセールをやっている。

Humble Weekly Sale: Hosted by PewDiePie (pay what you want and help charity)

メインほど派手ではないが、無名ながらの良作が安価で入手できるので、こちらもお見逃しなく。