読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コトバノウタカタ

よしなしごとをつらつらとつづるばしょ。

東京旅行3日目

東京旅行3日目。

いよいよ最終日。浅草寺の境内丸見えのホテルを後にし、出発。実はこの日は当初と少し予定を変更していた。本当なら水上バス「ヒミコ」でお台場まで行く予定にしていたが、ヒミコは火曜日は運休のため乗れない。そうなるとお台場への直行便がなくなる。乗り継ぎ出お台場に行くことはできるが、仮にお台場まで行っても子どもが楽しめそうなものはあまりないと聞いた。ということで、水上バスには乗るけど日の出桟橋までで折り返してお台場はキャンセル。その代わりもう少し浅草でうろうろすることにした。

ということで向かったのは「バンダイ本社ビル」。ビルの周囲にアンパンマンや仮面ライダーやSDガンダムの2メートルくらいの人形が置いてあるのだ。それぞれのお気に入りキャラと一緒に記念撮影。ついでに受付でお願いして、1階ショールームの中に入らせてもらった。ショーケースの中にガンプラやディケイド、シンケンジャーの人形、プリキュアのグッズなど、子どもが喜びそうなものが満載。「見るだけねー」と言いながら見てまわった。受付のお姉さんには「変な田舎者の家族連れが来たなー」なんて思われてたんだろうなぁ・・・。ただ、倒れている人形やプラモがいくつかあったので直してあげてください・・・。

バンダイを後にし、水上バス乗り場へ。乗り場には思ったよりもたくさん人が待っていた。昨日の花やしきとは大違・・・げほごほげほ。休日ならもっと増えるんだろうな。

船着場にやってきた平らな船にぞろぞろと乗り込む。前中部は2階建て構造になっていて、後部は吹き抜けになっていた。2階席は天井が低い普通のシート、1階席はテーブル席になっていた。

最初は後部の広いところにいたのだが、奥さんと上の子がテーブル席に移ったので一緒にそちらへ移動。1階席は見栄えが悪いかと思っていたのだけど、水面は近いし、天井が高くて窓が広いので案外にいい景色。後部は窓は広いけど先に何があるかわからないし、2階席は橋の下をくぐるときとかはいいけれど、窓が狭いのでいまいちだった。人が少なかったけど、テーブルもあって窓も広い1階席が実は一番いい場所だった。

ガイドさんのアナウンスを聞きながら、隅田川にかかるいくつもの橋をくぐっていく。高いビルに囲まれた河をゆっくりと下っていくというのは他の土地ではできない体験かもしれない。思っていた以上に楽しかった。ヒミコに乗れないとわかったときに水上バスを諦めようと思ったりもしたんだけど、やめなくてほんとによかった。

やがて船は日の出桟橋に到着し、下船。ゆりかもめに乗って新橋へ。先頭車両に乗り込むことができ、子は運転手のいない列車の最前列の席に座れて満足そうだった。あの席、運転手気分が味わえていいよね。

新橋で昼食。奥さんのリクエストでなぜかまた「てんや」へ行くことにw ちょうどお昼時だったので、たくさんのサラリーマンで混雑していたが、どうにか席について食べることができた。っていうか店にとっては回転率を下げるはた迷惑な客だったかも。しかし混雑時だからか、てんぷらが揚げたてではない感じでちょっと残念。教訓:てんやはすいてる時間にすいてる店でゆっくり食べるのがよい。

お昼も食べ終わり、次の目的地「東京タワー」へ。バスで移動したのだけど、ひとつ早くバス停を降りてしまったのか、タワーまでけっこうな距離の上り坂を行かなければならなかった。ま、おかげで徐々に間近にせまってくる巨大な塔を堪能できたけどね。

まずは150メートルの第一展望台へ。東京タワーというと古臭いイメージがあったのだけれど、エレベーターがすごく今っぽくてびっくり。ここは改装したのかな。150メートルの高さから周囲360度の東京を眺めてみる。お台場とかも案外近くに見えるのね。ここで上の子がお土産屋に売っている金色の東京タワーの置物に目をつけて「これすごくかっこいいー、かってー」と言い始めた。ま、思い出にひとつくらい、ということで買ってあげたら、「ガンダムと一緒にあそぶー」とほくほく顔でたいそう喜んでいた。

次にさらに100メートル上の展望台へ。平日なのにけっこう人が多くて待ち時間があった。こちらのエレベーターは古いままのレトロなものだった。こういうの大好き。上に登ると、やはり下の展望台とは違い足がすくむ感じがした。ちょっと曇りだったのが残念。晴れてたら富士山とかも見えたのかなー。

あと展望台といえば、第一展望台の下階にある、ガラス張りの床が面白かった。下の子が最初は「おちるー」とかいいながらびびっていたが、その後は案外平気な顔してガラスの上を歩いてた。

さて、次なる目的地は東京タワー3階にある「蝋人形館」。ここも以前から奥さんと「行ってみたい」と言っていたトホホスポット。花やしきに負けずめげず、ここにも行ってみることに。そしてまた・・・めげた。なんていうかふつー。ふつーに人形が置いてあるだけでした。しかも後半はヘビメタだかハードロックだかわからないけど、管理者の趣味丸出しのよくわからん状態。これで500円は高いわ。

帰るまでにはまだ時間があったので、もうひとつ寄り道。今度は品川駅に行き、新幹線を見てみることに。乗るまではできないけど、子に実物の新幹線を見せてあげたかった。入場券だけ買って新幹線のホームに。写真やテレビで見たことのある新幹線が続々とホームに入ってくる。子どもも喜んでくれた・・・かな。

というわけで、全行程を終了。帰路へとついた。なんか地味な旅行だったかもしれないなあと思うし、子どもがいるとやはり子どもメインの旅になってしまったけど、普段見られないものをたくさん見せてあげられたと思うし、自分たちとしても「東京には行ってもなかなか見られない観光名所」を見られたし、これはこれでよかったかな、と。トホホなところが多かったけど、たぶん一度自分の目で見てみないと納得できないものだっただろうからね。

奥さんも日記にも書いていたけど、最初に飛行機に乗ったときに、上の子が「これって夢じゃないよね?夢見てるみたい!」って言ってくれたので、それだけでこの旅行をしてよかった、と思った。


最後に教訓

  • 旅行で遊園地はあんまり行かない方がいいかも、時間とられるわりには旅行っぽくないし。ディズニーランドくらいのところなら別だけど
  • 子どもがいると歩きの移動時間は1.5倍〜2倍くらいかかる
  • 子連れだと横移動(町歩き)よりも縦移動(駅や電車での移動、特に階段)の方がしんどい
  • しっかりしたベビーカーがあれば5歳児と2.5歳児は同時に運べる(うちの上の子がちっちゃいからかも?)
  • ベビーカーの肩掛け紐最強
  • 東京の人は案外優しい、というか人口が多いので「優しい人に出会う」率が多い?