読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コトバノウタカタ

よしなしごとをつらつらとつづるばしょ。

東京ギャラリーメモ

店名 URL 場所 説明 アリスと豆の木 http://www.alicetomamenoki.com/ 杉並区高円寺 ギャラリーショップ,小物,アリス,シュール系 ヴァニラ画廊 http://www.vanilla-gallery.com/ 中央区銀座 アングラ系 新宿座 http://shinjukuza.jp/ 新宿区 現代アート,球体…

アーチストメモ

山本タカト yamamototakato.com James Jean James Jean | Home Ken Wong Ken Wong : Artist, Illustrator, Designer ken-wong on deviantART Yuta Onoda Yuta Onoda loftwork.com — Yuta Onoda's Portfolio 小笠真 8sun Nick Howard Flickr: nick_howard's P…

イケテル美術館

人力検索にて。 イケテル日本の美術館を教えてください。貯蔵や展示がイケテルのではなくて、建築物(内装、外装)としてや立地環境など、美術館そのものがいい感じのものでお願いします。 (question:1226574468) 展示ではなくて建物でイケテル美術館とのこ…

電車かもしれない

ここにあるムービーが凄い。 近藤聡乃という方が作ったアニメーション。歌は「たま」の「電車かもしれない」。「汽車には誰も乗っていない」というアルバムに入っているとのこと。大正風の少女の白黒絵が滑らかさに動いて飛び跳ねたり分身したり。ビアズリー…

ウェイン・キャット再び

先日、ルイス・ウェインの猫について書いたが、それについて詳しいまとめと分析のエントリーがあったので再言及。 [芸術]ウェイン・キャットについてしらべてみた。 - たまごまごごはん 誰かに見られている!という感覚が、ウェインのネコの視線に表現されて…

気になる絵

アルツハイマー病の画家の自画像 はいだしょうこ画伯の絵についての話題を追っていたらこんなものにたどりついた。少し前に話題になったもののようだが。 あっさりさっくり アルツハイマーにかかると 「アルツハイマー病にかかった画家が、自分を失っていく…

ベルメールのキーワード

たいした話ではないけれど。 keyword:ベルメール なんで項目が2つあるんだろう。どっちも同じ人物のこと書いてるようだけど、内容が違う。さらに「[keyword:Hans Bellmer」には概略はないけど、年表が書かれている。統一しようよ*1。 *1:私は上手くまとめら…

ビアズリー再び

好きな絵画(洋画)を教えてください。 ※以下の3点をお願いします。1:絵のリンク ・より精細な画像のリンクがあればお願いします。なければ回答1のコメント欄にあるサイトで検索してみてください。2:タイトルと作者3:ここが好き! ・ここが気に入って…

Flickrでinteresting

いまさらながらなにげにFrickr見てたんだけど、これ面白いなあ。タグ分けが非常に効果的に働いてる。抽象的で大きなくくりの単語は大雑把過ぎて意味がないように思っていたが、そこにユーザの評価が加わることによって非常にオイシイ意味を作り出している。…

未来注文

はじめて、発売前の商品をAmazonで注文した。 D-BREAKアーティスト: 朱音出版社/メーカー: PSC発売日: 2005/12/07メディア: CD クリック: 3回この商品を含むブログ (3件) を見る これ。九州の方のインディーズ、朱音という女性アーチストのアルバム。NHKの「…

Olbinskiイイ!

http://image.g.hatena.ne.jp/tetsu23/20050517

ウエノ・ポエトリカン・ジャム

via: id:mikiyamato:20050515:p1 「ウエノポエトリカンジャム」とは何ぞや。私も詳しくは知らないのだが、いつものぞかせてもらっているid:mikiyamato氏が主催する、ポエトリー・リーディングのイベントとのこと。田舎暮らしの身なので見には行けないが、面…

ずるい写真

白黒写真。これはずるい。どんなに普通の風景や物、人でも、白黒になるとそれだけで時が止まり、退廃感が生まれ、どことなく芸術的に見えるようになる。もちろん鮮やかな色が感覚を強く刺激することはある。しかし色に乏しい何気ない写真でも、白黒にするだ…

悪魔と絵画を易しく解説

美術館のショップで見つけて思わず衝動買いしてしまった一冊。夢魔、魔女、竜、蛇など、悪魔に関する話を、歴史的な絵画を交えて紹介、解説している。文章やイラスト、レイアウトなどが子供向けっぽいが、判りやすく、大人が読んでも軽く読めて面白い。歴史…

ギュスターヴ・モロー展

相方の提案で、島根県立博物館の「ギュスターヴ・モロー展」へ行ってきた。以下、芸術的な知識はないので素人としての感想ってことでひとつよろしく。展覧会はモロー一色。本当にモローの作品のみを集めたものだった。で、実際に見たモローの印象は「本気で…

瀬川明子の人形

404 Not Found 瀬川明子の人形たちと・・・ ネットをうろうろしていてたまたま見つけた人形作家、瀬川明子。人形作家といえばまず天野可淡が思い浮かぶが、瀬川明子はその天野可淡とはまた違う味わいの人形を作っている。天野可淡が魂をこめた、更に言えばあ…

変な絵好きな絵 - ゴヤ

前回浅はかな嘘知識を披露してしまってご指摘を受けたのに、また性懲りもなく書いてみる。なるべくいい加減なことは書かないつもりだが、いかんせん根がいい加減なので・・・また間違いがあればご指摘お願いします・・・。 フランシスコ・デ・ゴヤ (Francis…

シュールレアリスムではない

前に書いた日記について、id:ifiwereabell:20041029#p1 氏の日記で*1、私のシュールレアリスムの使い方、認識が正しくないというご指摘を頂いた。確かに芸術史には詳しくなかったし、シュールレアリスム=surrealism=超現実、という言葉のニュアンスだけで使…

シュールレアリスムな画家 #2

追記:以下にあげる芸術家の一部はシュールレアリストとは言えないとのご指摘を頂いた。ので「変な絵を描く画家」くらいのニュアンスで読んでいただきたい。また、シュールレアリスムに関する記述はまったくデタラメということなので、読み流してほしい。 懲…

芸術ギャラリーサイト

特に近代から現代の絵画を見たいときに便利なサイトをいくつかあげておく。 Error 404 Not Foundシュールレアリスムや印象派など、幻想的な絵画やイラストを集めた日本語のサイト。私のツボにかなり近いセレクトがされている。参考画像や図書もあるので、知…

シュールレアリスムな画家

追記:以下にあげる芸術家達はシュールレアリストとは言えないとのご指摘を頂いた。ので「変な絵を描く画家」くらいのニュアンスで読んでいただきたい。また、シュールレアリスムに関する記述はまったくデタラメらしいので、読み流してほしい。 私好みのシュ…

天野可淡

伝説の人形作家と呼称されることもある天野可淡。妖艶でグロテスクとさえ言われる球体関節人形や絵画などを残しているが、1990年にバイク事故により返らぬ人となった。その死に方ゆえに伝説と呼ばれているところもあるが、やはりその作品の持つ独特な感性こ…